ちょっと待って! その行動の根拠って何??




こんにちは! 僕って、猪狩学(いかりまなぶ)ですか?




…変な感じのあいさつで始まっちゃいましたが^^;



正直、「自分がどういう人間か?」って、
僕が一番わかってないような気がするんですよね~



昔は、
本当の僕を理解してくれ!
みたいに思っていたんですよねぇ。


その「本当の自分」を
自分がわかってないっていう話w



もう、最近は、
「自分がどういう人間かは、
周りの方が判断してくれればイイ」
って思うようになりましたぁ☆




それで、そうですね…


当たり前の話ですが、
僕たちは、この世に生まれた時から、

すでに存在している
前提」の中で生きてきましたよね。



もちろん、
いつからか、自我が芽生えて、

理不尽なコトにも、ある程度折り合いをつけて、

それでも、
より合理的な(又は情愛的な?)判断を目指して
行動してきたハズ…

ですよね。




まぁ、ココまで言えば、
僕がこれから言わんとしているコトは
予測がつくかも知れないので、

ちょっと話題を変えて…




前回の記事でも言いましたが、

このブログでは、
曖昧な表現のモノが多いんですよね~


もちろん、
情報に、自信・確信を持てないからなんですが…



おそらく、
世の中に出回る情報って、

僕より何倍も頭のいい人が、
恣意的に流した情報が
圧倒的多数を占めると思うんですよね~



なので、
どれを信じれば良いか、分からない状態でーす♪




ただ、一つの物事であっても、


「同じコトについて、それを発言する者の立場によって、
どう、言い分が異なってくるのか」
だったり、

「それを発言するコトによって、何があるのか?
どんな思い(思惑?)が裏にはあるのか」
を意識してみたりと、


より多角的に、いろんな視点から見れば、
ある程度、情報の全体像が見えてくると
思うんですよね~。




ただねぇ…

なんとな~く世間的には、
疑うコトが「」で、信じるコトが「」みたいな感じに
なってません?



信じるコトによって得をするのは、
いったい誰なんでしょう…?




僕は、子供の頃から、
「なんでも疑ってかかるクセ」があったんですよね。


たぶん、そういった言動から、
ヒネクレ者みたいな印象を与えていたと
思われますが^^;


(まぁ、友達を疑うような言動は…
相手をイラつかせたり、嫌われるダケでしょうから、
表面的には出さないようにしてましたがネッ)




でも、
「疑う」っていうのは、
自分の頭で考える」ってコトですよね?


「信じる」っていうのは、
自分で考えるのをやめて、すべてを相手に託す
ってコトじゃないですか…?


なんで、これが「善」なんでしょうね。



もちろん、
ある程度の段階まで進んだら、
「信じる」ってコトも必要だと思います。


じゃなきゃ、
お金で経済を回すコトもできないですし、

スムーズなコミュニケーションが
取れないですからね^^;


いろんな機能が停滞しちゃいますね。




ただ、
まずは疑ってかかる」のが
非難される理由が、
僕には、まったく分かりません☆


最初から信じる」なんて言ったら、
そんな無責任で怠慢なコトもないと思うんですが…



それでも、信じ続けた方が良いんでしょうかねぇ?



仮に裏切られても、信じ続ければ、
いつか相手にも伝わるし、
世界が良くなるんでしょうか…?


正直、
そんな遠い未来のコトは、
僕には分からないんですよね^^;




確かに、もし、

本当に疑うコトを知らないような
(もしくは、敢えて、していない?)
純粋で素直な方なんだな~

って思うような方がいれば、


僕も、できるだけ
その人に協力したいし、
力になりたいと思うでしょう。


(ましてや、騙すなんてコトはできないですネッ)




ただ…ですね。


僕には、子供を育てた経験もないですし、
ひたすら相手を信じ続ける
って経験がないんですよ。


違和感のある言動を見ると、
どうしても疑っちゃうんですよね~



悲しい人間ですね;;




…と、


それでも、
悲しい人間であったとしても、

「僕は、いろんなコトを自分の頭で考えている
と思いたいトコロなんですが、



やっぱり、
それ自体も疑わしいと言いますか、

日々の思考や行動は、
あらゆるトコロで操られてるんだろうな~


って疑いが強いんですよね。




で、ですね~


皆さまのご推察のとおり、
ここでTEDの映像を貼り付けたいと思いまーす♪






(再生後、各種・言語の字幕を変更できまーす☆)



そして、恒例のごとく、
ここでランキングボタンを貼っちゃお~っと♪



にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村



(今回は、別ウインドウじゃないよ☆
って、混乱するよね?

正直、ページ移動の方が良いのか、
別ウインドウの方が良いのか、わからないんだっ^^;)




あっそうだ!


それから、前回の記事で、

偉そうな発言だな~と思ったら、
ポチしてね☆


みたいなコトを言ってみたんだけど…





沢山のポチ、ありがとうね~^^


これからも、
偉そうな発言をしていくよぉー☆





で、
他にもいろいろ書きたかったんですが、

まぁ~た長くなっちゃうので、
次の機会にしておくよ☆



TEDの映像だって、長いんだしネッ


やっぱり、
ゆっくり見てもらいたいからさぁ~




…ただ、
ちょっと、使われてる資料とかは古いように感じるかな?


あの映像がアップされたのは、
少なくとも2011年より前のハズだから…



え~っと




あれっ?

今年も、いつの間にか、11月になってる!!



まぁ、
ハロウィーン的なイベントは
やってなかったしなぁ…



12月も、あっという間かぁ



う~ん、時の経つのは速いっ!



僕は、まだ29歳なんですが、
明日、寝て起きたら40歳になってると思いまーす♪


…これ、
いろんなトコロで言ってる気がする^^;


=^_^=

『まったく…
ウケもしないのに、懲りないヤツだにゃあ』




で、
何の話でしたっけ…?



自分の行動が操られてる気がする
って話でしたっけ?



じゃあ、
僕がブログ書いてるのって、

誰の思惑に影響されてのコト
なのかなぁ…




う~ん、



あっ!!


アイツかぁ



なんだぁ、アイツだったのかぁ




じゃあ、またね~☆
スポンサーサイト

はっはっは…こいつぁ、内向的な人が秘めた力なのだよっ!


こんにちは、猪狩学(いかりまなぶ)なんですっ^^



「内向的」…と。



またしても、
日本語としての意味を一概に定義できない(?)言葉を
記事のタイトルに使ってみましたぁ☆



なんでしょうねぇ。



ブログ記事を書くようになってから、
ふだんは特に意識もなく、勝手なイメージで
使ってた言葉でも、

その本来の意味とかを考えるように
なっちゃったんですよね^^;



「自分の感じているニュアンスが、
この言葉選びで、どれだけ伝わるのだろうか…?」

ってね♪


気になった言葉は、
(電子)辞書とかでも調べてみるんだけど、
けっこう定義が曖昧だったり
するんですよねぇ^^;




あぁ、いろいろ調べるのも面倒くさい…


じゃなかった!!


もっといろんなコトについて学習したいですっ☆




とりあえず、

内向的」と、「内気・引っ込み思案」とは、
同じ意味じゃないってコトで
いいのかな…?



(ちなみに、これまた混同しやすいですが、
外向的」と、「外交的」も違うみたいですね。


かなりざっくり言うと、
「内向性」と「外向性」はユングの提唱した言葉で、
まず、判断基準が、自分の中にあるか外にあるかの違い…
だそうです。


ちなみに、明石家さんまさんは、
「内向的な性格である」と診断されたとか。

まぁ、「内向的」が、
他人の考えや評価・金銭など(外部的要因)よりも、
自分独自の価値観(内部的要因)を
行動の判断基準にする…

という意味なら、
さんまさんは「内向的」で合っているのかも?)




う~ん、
まぁ、この話は置いておいて、


前回の記事では、

「アメリカに住んだからといっても、
英語を使えるようになるには、
相当の努力と度胸も必要だろうね~」

みたいに言ってみたんですが…



個人的に、この、
「努力や度胸は、どんな場面でも必要でしょっ」

みたいな空気感は、
日本の社会全体に染み渡っているような
匂いを感じるんですよね。



クンクン…


クンクン…



ワン!  U*^_^*U




僕は、これまで、
「自分の事を、内向的で、安定志向の人間だ」
と分析してきたんですが…



今の若者を見ても、
(って僕も、世間で見たら若者でしょうが^^;)


例えば、職場の海外研修などには
No No No!」と言ったり、

社会的にはムリと分かってはいるけど、
できれば終身雇用を望んでいる

みたいな就活生の発言も多くなってる気がします。




これらに対しては、大手企業の代表者の方なんかは、
「若者よ!海外にも出ようぜ。
もっと、外に目を向けようよ!!」


みたいに発言しているのを見たコトもありますが…




確かに、僕も…


例えば、海外研修なら、
わざわざ会社が莫大な費用を負担して、

若いうちにいろんな経験を積んだり、
新たな発見や学習を得られるチャンスを用意して
くれているのに、

もったいない!


という思いもありますよ。



(まぁ、最近は、
マイナー(?)な地域への派遣も多いでしょうから、
言語の不安やら、生活の不安やらも当然あるでしょうねぇ)



でも、逆に、
人がやりたがらないのであれば、
そこに積極的に名乗りを上げて、挑んでいくのは、
なお更!ウマ味があるとも思います。




そういった意味でも、自分自身も、
「要所・要所で自分の殻を打ち破るという作業は必要だな」

と考えてきました。



チャンスを逃さないためにも、
反射的に大胆な方の選択肢を選ぶという
心の準備なども必要だろうと…




ただ、物事は、
多角的に見るコトが必要ですよね。



なので、ここで一つ、
(ちょっと関係ない話も含まれるかも知れませんが)


いろんな角度からの検証を
(人任せで)試みたいと思いまーす♪
 ↓





(↑各種・言語の字幕もご利用いただけますよっ☆)



うん、面白いスピーチですね~


(って、僕が偉そうに言うのも、なんですが^^;)



本当に偉そうだな~」って思ったら、
ポチしてね☆ (別ウインドウで開くよ^^)



にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村




おそらく、
彼女と同じようなコトを感じていた人でも、
それを発言する場って
無かったんじゃないかと思われますよね。



職場や学校などで、
このような発言をしようものなら、
単に「内向的な性格を直すよう」注意され、
(場合によっては、こき下ろされて?)

自分の評価を落として…はい、終わり。

みたいな^^;




と言っても、

スーザン・ケインさんは、単に、
内向的な人に「そのままで良いよ☆」と
言いたいワケではなく、


外交的な部分も必要だし、

それぞれの特長を活かせるような
バランスの取れた環境が
社会には必要だと訴えたいのかな…?



動画の中でも(ユングも)言っていますが、
みんな、内向的な部分と外交的な部分の
両方を持っており、


(僕だって、一人で考える時間は必須であり、
独自の感性を何より(?)重視してますが、

周りの意見に影響されたり、
他人の評価も気になりますし^^;

あと、意外と、人前で発言するのにも快感を覚えます)



ユングも言っていますが、
内向性・外向性が、一方に片寄り過ぎると、
自ら行動のバランスを取ろうとするモノでもある…と。


(言ってたかな…?)




いずれにしても、彼女は、
このスピーチをまとめるのに、
相当な時間を費やしたんでしょうねぇ。


(何度も言いますが、偉そうな発言をお許しください;;)



スピーチの時間自体は
そんなに長くないですが、

おそらく、できるだけムダを省こうとしたんだと
思われます。




意見が一方的なモノにならないように、
様々な角度からのデータや意見も取り入れて分析し、


聞き手を退屈させないように(?)
ユーモアを交えつつ、
スピーチの構成(流れ)や演出にも気を遣い…


何度も客観的な視点から見直し、
推敲を重ね、練習してきたんでしょう。 たぶん^^;



ユングの言っている事と合致するかは分かりませんが、
おそらく、こういった技は、
内向的な人の得意分野のように感じます。



内向的な人は、
判断基準が自分独自のモノであるため、
「身勝手で頑固」
という印象を与えやすいのかも知れません。


ただ、
いろんなコトを自分の中に落とし込んで、
深く考えるという作業は
ふだんから行っているんじゃないかな?


というのが僕の考えているトコロです。




…ただ、そうですね。


よくある(?)一方的な意見に傾かないように
配慮するあまり、

「どれが自分の意見なの?」とか、
「結局、何が言いたいの?」みたいに思わせたり、

人の注意を集め、惹きつけるような
話し方とは離れていく可能性も大きいですね^^;




僕の書く記事も、曖昧な表現のモノが多いですね~



おそらく、
ある程度激しいコトも書いたり、
断定的に表現した方がイイんだろうな…
と思いつつ、出来ていない状態です。



ただ、
断定口調や、あえて激しく表現するなどと、
そういったコトを
単にテクニック的に使用しても意味ないよな?

という思いもあるんですねぇ。



スーザン・ケインさんも言っていましたが、

人目を引いたり、納得させるような話し方がデキても、
その話の内容が充実していなければ、
むしろ、それは害悪だと…


(って、そこまでは言ってないですね^^;
勝手な解釈です。)




ちなみに、今日の記事のタイトルも、
あまり効果はナイでしょうが、

SEO対策として、
内向的」の他、「改善策」みたいなキーワードも
入れてみようかな~とも考えたっていう話w




で、
結局、僕が何を言いたいのか(結論は?)
ってコトですよね…^^;





う~ん、

とりあえず腹が減りましたぁ☆




今日は、真面目(?)なコトばかり、
たらたら~っと書いてしまったのです!



って言っても、
けっこう時間かかってるんですよ^^;



まぁ、僕の内向性が原因なんでしょうが、
考えすぎ…なのかな?


未熟ながらも、
構成や演出を考えたり、
推敲を重ねるという作業は疲れるモノです;;


(効果あるのかも疑問ですし…)



ただ、
意味もなく騒ぐような集まりに参加する
(そこにいるだけで疲労感がハンパないです)よりは
よっぽど良いですがネッ☆


あっ!これは、
みんなには内緒ですよっ^^




じゃあ、また☆



読んでくれて(るかどうかは、わかりませんが)

ありがとう~♪

不正って、なんだろう…? (不正の人間心理)

こんにちは、猪狩学(いかりまなぶ)です^^



台風の影響か、
関東は雨・風が続いています。


週末は、
家にこもるしかナイですね;;




って、思ってたんですが、
日本列島からは逸れたのかな…?


晴れてきました。


ので、記事を修正しておきます。





ところで、最近、
食品の不正表示の問題などが
連日ニュースで報道されてますが…



社長は、
「偽装」(意図的)ではなく、
「誤表示」(単なるミス)だと
繰り返していますね。



おそらく、多くの人は、
「これだけの問題が挙がって、まだ
そんなレベルの低いコトを言っているのか」
みたいに感じているかも知れません。


企業の隠ぺい体質を
問題視している方もいらっしゃるでしょう。




僕も、企業の利益という面で見たとしても、
「何か問題が起こったら、すぐにそれを公表して、
事後策に奔走した方がよっぽど良い」
とは思います。


なぜか、
こういった問題が起こるたびに、
自らの傷口を広げるような
言動を繰り返す代表者の方も多いですね。



まぁ、人間の心理から見れば、
「不正(?)がバレたときに、一切言い訳せず、
すぐにそれを認める」
というコトは難しいのかも知れません。




…そうですね。


僕としては、
単に批判的な文章を書き連ねる
つもりはありません。



他人の不正を厳しく追及するのは簡単だけど、

私は清廉潔白です!
不正など、一切致しません。

と断言できる人が、
一体どれだけいるのか…という思いもありますし^^;




あなたは、もし、
自分の属している組織で
不正が行われているのを発見した場合、
どうしますか…?



どこまでが正当で、
どこからが不正だとお考えですか?



ひょっとしたら、
1度、小さな不正に加担してしまった場合、
又はそれを見過ごしてしまった場合、


それが常習化し、感覚がマヒして、
いずれ、組織ぐるみの
大きな不正につながるかも知れません。




システムの問題か、
個人のモラルの問題なのか…



この、不正に関する人間心理について、
面白い考察(実験に基づくもの)があります。






(こちらは、TEDの映像です。確か、NHKでも、
TEDを題材として取り上げた番組があったと思いますが、
TEDには、面白いプレゼン・スピーチが沢山ありますよ^^)



上の動画の続きです☆
(こっちの方が面白いかも知れません)







(↓こいつは、ただの個人的なヤル気スイッチです)

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村


(今回は、別ウインドウで開きまーす♪)





…抽象的な視点を持つのは難しいですね^^;



例えば、もし、
自分に守るべき家庭があり、

内部告発が社会全体の利益につながると
判断したとして、

それをすれば職を失い、誰も守ってくれないと
わかっている場合には、

どうすればいいんでしょう…?




個人的な考察では、
エリート意識が強いと、今の地位を守るために、
たやすく不正を犯してしまう
リスクが高まるような気がします。



ひょっとしたら、
本当にエリートな方々は、
不正とか、そういうレベルを超えて、

「自分の考える社会の実現のためには、
今ある道徳的な価値観など不要だ」
とまで考えているかも知れませんが^^;



って言っても、今ある道徳観が、
かつての権力者が支配するのに都合のよいモノが
刷り込まれているだけ…

という可能性もありますね。




…と、いろいろ言ってみましたが、

僕は、頭が悪いので、
正直よく分かりません^^;




いろいろな矛盾にまみれた現代ではありますが、


シリアスな感じで終わるのもイヤなんで…



それじゃあ、
コミカルな感じで締め括りたいと思いまーす♪






(どこまで許せる…?)
☆フレーズリスト☆
☆フレーズリスト☆ 月別のえい訳にチャレンジできるよ☆
プロフィール

猪狩学です^^

Author:猪狩学です^^
Age:29歳だよ
Hometown:群馬だし

Hobby:食べ歩き、読書かな

Favorite Food:
海鮮系に目がないよね^^
サラダに果物も好きだよ

Favorite TV Show:
モヤモヤさまぁ~ず2とか、
ほのぼのした感じが好きだなぁ

Beautification Degree
of The Image:120%^^;

カテゴリ
最新記事
参加中のランキング
※別枠ウインドウで開きまーす♪  ↓
最新記事(25件)
最新コメント
月別アーカイブ(古い順)
実践えいご
体験無料!産経オンライン英会話
実践えいご
有名大学の在学生や卒業生を中心に、厳選された英会話講師陣!
かてきょ(無料体験)
◆関西で家庭教師をお探しなら◆家庭教師のマイカレッジ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

毎日10問☆4択ボキャビル
ビジネスに関する380語句のうちから、毎回10問がランダムで出題されます(☆間違った問題のみ、ループで出題されます)

ゲーム